目的

循環型・脱炭素・自然共生社会の3つの社会を統合的に実現し、開発途上国及び次世代に向け持続可能な社会を形成するために、基礎実験・フィールド調査・アンケート/ヒアリング調査・モデル化・各種指標の評価などを駆使し、社会実装可能な廃棄物等の物流・変換管理システムを提案することを目的としている。

主な研究テーマ(R元年度卒・修論より)
(1) 計画の視点
・茨城圏域における食品廃棄物バイオガスプラントを中心とした地域循環共生圏の評価手法に関する研究
・牛ふんバイオガスプラントが地域環境・社会にもたらす効果の定性評価
・Impact of biodegradable plastic bag usage on the society and environment in Tunisia: simple questionnaire survey and biodegradability assessment
(2) 環境保全の視点
・廃棄物最終処分場における長寿命化及び気候変動への問題対応の実態把握
・豪雨時の浸出水発生量予測のためのガス抜き管を考慮した数値モデルの開発
・塩回収と重金属溶出抑制のための都市ごみ焼却飛灰の炭酸中和と循環洗浄の検討
・クローズドシステム処分場の覆蓋を用いたチャンバー法による埋立ガス放出量の測定誤差に関する研究
(3) バイオマスの視点
・牛ふんバイオガスプラントの余剰熱利用の熱収支に関する研究
・牛ふんメタン発酵消化液と発電排ガスを用いた土着微細藻類培養-CO2気液平衡によるpH制御及び炭酸供給の可能性-
・土着微細藻類培養のための精密ろ過膜を用いた牛ふんメタン発酵消化液の濁度成分と栄養塩の分離に関する研究
・発泡ガラス材による堆肥化施設から発生するアンモニアの除去メカニズムに関する研究
・小型バイオマスバーナーを用いた資源作物ジャイアントミスカンサスの燃焼特性に関する研究

研究室のこだわり
「次世代(2050年、2100年)に向け、物とエネルギーをどのように循環すべき
かを考えています。」
そのために、
・バイオマスのエネルギー利用による地域創生に取り組んでいます。
・将来の資源と環境保全のために、新しい静脈系システム(最終処分システム)
を考えています。
・技術(新技術、応用技術、組合せ技術)だけではなく、社会(経済、心理、制度)の両面からアプローチします。

本研究室の特徴
1.寄附分野(講座)と連携していること。 →寄附講座の変遷の変遷をご覧下さい。
2.NPO活動と連携している。 NPO最終処分場技術システム研究協会 と NPOバイオマス北海道

お気軽に研究室まで御連絡下さい。 教授 石井一英

MENU